インプラントの治療費

インプラントは費用が最も気になる所ではないでしょうか。

実際にどれくらいかかるのか、保険についてなどを詳しくチェックしてみましょう。

インプラントの治療費の目安

インプラント治療の目安はおよそ30万円前後と言われています。 但し、詳しくは後述しますが基本的に自由診療になりますので、いわば「歯科医院次第」です。

また、一口に「インプラント治療」と言ってもインプラントで使う材質、治療の種類等によって費用が変わるのは当然ですし、歯科医の「技術料」が加算されるのもまた、当然です。

そのため、インプラント治療の費用は歯科医院によってまったく異なりますので、どれくらいの費用がかかるのかは、それぞれの歯科医院に問い合わせるしかありません。

相場よりも大幅に安い場合は注意が必要

平均相場よりも大幅に安い激安価格のインプラントは注意が必要です。

歯科治療に限らず、相場を大幅に下回る価格で提供しているとなれば「理由」があります。 インプラントの場合、まだまだ実績のない歯科医だったり、あるいはインプラントの材質が著しく低いなど、安い価格での提供には理由がありますので、相場よりも大幅に安い価格で提供しているインプラントは「お得」ではなく「注意」だと考えた方が良いでしょう。

相場よりも安いインプラントがある理由とは

相場よりも大幅に安いインプラントがある理由として、歯科医も多々あるだけに、それぞれの考え方の違いによるものです。

歯科医院は患者のお口の健康のために診療を行う、いわば社会的な責任感を背負っている一方で、患者がこなければやはり経営という点に於いては大変です。 他のビジネス同様、患者獲得のための一環として「激安」を謳っている可能性が高いです。

保険と自費について

基本的にインプラント治療は自由診療になります。

保険診療の場合、行政の指導、保険点数等が定められていますので、どの病院で治療を受けてもほぼ同じ額になります。 しかし、インプラントは自由診療になりますので、歯科医によって全く異なります

「インプラントは高い」とのイメージが定着しているのも、インプラントが保険が適用されない自由診療だからです。

保険診療の定義として、「健康のために必要な治療」です。 インプラントも歯の健康の一助となってくれる点は間違いありませんが、行政とすれば「通常の虫歯治療で十分」との認識があるので、インプラントは保険適用外の自由診療となっています。

但し、インプラント治療でも保険が適用されるものがあります。

保険適用されるインプラント治療について

基本的に自由診療のインプラントですが、いくつかの条件を満たすことで保険適用となります。まずは患者自身についてです。

このようなケースに当てはまり、かつ以下のような条件が揃った歯科医院での治療に限り、保険適用となります。

  • 歯科、歯科口腔外科であること
  • 歯科、歯科口腔外科として5年以上の経験があるか3年以上のインプラント治療経験のある常勤医師が2名以上いる
  • 当直体制が整っている
  • 医療機器及び医薬品の安全確保のための体制が整備されている歯科医院

このような条件が揃っている場合に限り、インプラントの費用が保険診療となります。

条件等を加味すると、虫歯で歯を失ったのでインプラント…の場合には自由診療となるなど、保険適用の範囲は広いとは言えませんが、もしも条件に当てはまっているようであれば、一度相談してみるのも良いでしょう。

医療費控除について

インプラントは自由診療ではありますが、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除とは一年間で10万円以上医療費を支払った場合、ある程度お金が戻ってくる制度です。 そして、先にもお伝えした通り、インプラントの平均相場はおよそ30万円前後になりますので、実質的に「インプラント治療を受けたら医療費の控除を受けられる」と考えてよいでしょう。

医療費控除の計算式

医療費控除でいくら戻ってくるのかは計算式があります。

支払った医療費-保険金等で補填された金額-10万円

あるいは、

所得金額の5%

のいずれか少ない方の金額です。

但し、上限が200万円である点は注意が必要です。

医療費控除は確定申告が必要

もう一点大切なことがあります。

それは医療費控除は自動で勝手にお金が戻ってくるものではなく、確定申告にて戻ってくるお金を「申請」する点にあります。 確定申告は毎年年度末、2月16日から3月15日まで行われているもので、事業主にとっては当たり前のものですが、サラリーマンの場合、会社が税務を行ってくれるので確定申告は馴染みがないことでしょう。

しかし、インプラントを含めて医療費が年間で10万円、あるいは所得の5%以上かかっているのであれば、確定申告を受けることで控除を受け、翌年度の税金が安くなりますので、インプラントを受けた場合、医療費控除についても覚えておきましょう。