岡崎のインプラント医院まとめ › インプラントの知っておきたい基礎知識 › インプラントはできる人・できない人がいる

公開日: |最終更新日時:

インプラントはできる人・できない人がいる

歯を失った方が行う治療であるインプラントですが、身体に大きな負担がかかるため誰でもできるわけではありません。
ここではどういう状態の方であればできるのか、またどういう状態の方であればできないのかについて解説していきます。

インプラントができる人

インプラント治療は、基本的に成人していれば受けることが可能な治療です。18歳~20歳くらいまで成長すれば骨の成長が止まる方が多いことから、インプラントを埋め込んでも問題がなくなるため治療が可能です。
その他には全身疾患のない方・歯周病のない方はインプラント治療を問題なく受けられる可能性が高いです。
疾患があると必ず受けられないという訳ではありませんが、リスクが伴う恐れがあるため事前に医師への確認をするようにしましょう。

インプラントができない人

金属アレルギー

インプラントには金属が使われているため、アレルギーを持っている方は治療を受けられない可能性があります。
ただし金属アレルギーを持つ全ての方が受けられないのかというとそういう訳ではなく、使用するインプラントの素材によっては受けられる可能性もありますので、医師に相談するようにしましょう。

骨が足りない

インプラントは骨に人工歯根を埋め込む手術になるため、埋め込むための骨が不足していると治療できない場合があります。
ただし、骨を増やす骨造成術が可能な医院であれば治療できる可能性もありますので、医師に問い合わせてみるとよいでしょう。

インプラント禁忌症を患っている

インプラント治療は全身に大きな負担がかかる手術を伴う治療法のため、インプラント治療に不適応な疾患(=インプラント禁忌症)を患っていると治療ができません。
何かしらの疾患があれば必ずできない、という訳ではありませんので医師に相談するとよいでしょう。

インプラント禁忌症について

骨粗鬆症

骨粗鬆症は骨密度が低下する疾患であるため、インプラントと顎の骨の強固な結合を得ることができない可能性があります。また、その治療のために薬品を服用している場合には重大な副作用が発生する恐れがあります。

心疾患

心筋梗塞や狭心症の既往歴がある方は、インプラント手術により発作を誘発する恐れがあると言われています。また、心臓弁膜症においては心臓弁への感染症の恐れもあるため必ず医師に相談するようにしましょう。

脳血管障害

脳血管障害で多い脳梗塞においては、抗凝固薬や抗血小板薬など血流を改善するための薬品を処方されている可能性があります。そのため、手術時に異常出血となり止血が難しくなる恐れがあります。

消化器疾患

胃や十二指腸に潰瘍ができる疾患を持っている場合、胃酸を抑えるための薬品を処方されていることがあります。
インプラント治療では術後に消化鎮痛剤などが処方されますが、薬の飲み合わせによっては症状を悪化させる可能性があります。

腎機能障害

腎臓は体内のバランスを取っている重要な臓器であり、腎疾患をもっていると高血圧やむくみ、心不全などのさまざまな合併症を伴います。
また、薬品によっては感染症にかかりやすくなるものもあるため、十分な検査を行う必要があります。

歯周病

歯周病を患っている状態でインプラントの埋め込み手術を行っても、インプラント周囲炎という合併症を引き起こし、インプラントが骨にしっかり定着することなく抜け落ちてしまいます。インプラント治療の前には歯周病の治療が不可欠です。

高血圧

手術に対する不安や緊張などにより血圧が上昇しやすくなっています。急な血圧の上昇や降下は脳や心臓・腎臓などへのリスクが高いため、そのままではインプラント手術が難しいのが現状です。血圧140/90mHg以上の人は安定した血圧を保ちストレスを減らす血圧管理が必要です。

貧血

貧血の症状がある方の場合、治癒能力や免疫力の低下してしまっているというケースが多く見られます。それゆえ、インプラントの埋め込み手術後の傷が治りにくくなるだけでなく、感染症のリスクも高まってしまいます。ただし、貧血が改善すれば、インプラントは可能です。

糖尿病

糖尿病が悪化すると傷口の治りが悪く、感染症を招きやすくなります。またインプラントを埋入しても骨とうまく結合しないという可能性も。血糖値のコントロールが可能であれば、インプラント治療が受けられるケースもありえます。

慢性閉塞性肺疾患

平たく言えば、慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは体内に溜まったガスを交換しにくくなる病気です。歯科医院の多くでは、この病気の場合のインプラント治療は不可とされていますが、一方で体調によってはフラップレス手術なら可能とする声もあります。

気管支喘息

気管支の炎症によって咳などが激しくなってしまう気管支喘息では、使っている薬によって、術後感染などのリスクがあるため、インプラントが出来ないと判断されます。ただし症状をコントロールできていればフラップレス手術なら可能とする声もあります。

免疫不全

リウマチ、天疱瘡、膠原病などの免疫不全を患っている方で、治療にステロイド薬を用いている場合、インプラントのリスクは大きくなってしまいます。免疫力低下や感染症リスク、骨の治癒やインプラント体と骨との結合に影響を及ぼすとされています。

血液疾患

歯茎の切開や骨への穴開けなどにより、インプラント手術はどうしても、一定レベルの出血を招いてしまいます。それゆえ、白血病や血友病などの血液疾患を患っている方には、出血を伴うインプラント手術は禁忌とされています。