インプラントの治療の流れ

インプラントがどのような流れで行われる治療なのか、大まかに説明します。

インプラントの埋め込みなど手術の流れ

「インプラント治療」はインプラントを埋め込むだけではありません。

インプラントを埋め込むためには、事前のヒアリング、そして埋め込んだ後もメンテナンスが必要になってきます。

カウンセリング、精密検査

まずはカウンセリングです。

患者がどのようなことで悩んでいて、どのような理想を持っているのか。

また、医師側もどのような治療が行えるのかの提案など、患者と医師とで真剣に話し合いをし、どのようなインプラント治療を行うのか、方向性を決めます。

その際、骨の形によってインプラント治療も変わりますので精密検査を行い、どのような治療がベストなのかを判断します。

インプラントには様々な種類があると説明しましたが、患者にとってどのインプラント治療がベストなのかは異なります。

患者がどのような状態に戻したいのかや予算、あるいは体への負担や顎の形などから総合的に判断しなければなりません。

そしてある程度話がまとまれば、インプラントの素材作成の発注をかけます。

治療開始

治療当日は局所麻酔をかけますので、痛みはほとんど感じないことでしょう。

治療の時間に関してはどのような治療かや、骨の形等によって異なりますが、概ね数時間もあれば治療は終了します。この点はどのようなインプラント治療なのかや、本人の顎・骨の状態によって変わります。インプラントの本数、あるいは医師側から見て難易度の高い治療の場合、時間がかかるのは致し方ない部分です。

土台となる部分を骨に結合させることがでいれば、人工歯を装着して終了です。

メンテナンス・定期検査

インプラントの手術が終わっても、決して治療そのものが終わる訳ではありません。

その後は定期的にメンテナンスを行い、歯・口の健康をキープします。

インプラント治療の期間

インプラント治療は時間がかかります。

上顎で3~6ヶ月、下顎で2~3ヶ月程の期間かかるとされています。

さらに骨造成が必要な場合は3~9ヶ月となっています。

なぜこれだけ時間がかかるのかといえば、自然治癒を待たなければならないからです。

インプラントは人工歯の土台を口の中に埋め込むのですが、土台の部分と周りの歯肉の結合は、手術によって行うのではなく、自然治癒です。

医師側の手術という、人工的な方法で接合させるのではなく、ある程度時間をかけて自然に結合するのを待ちますので、どうしても時間がかかります。

手術そのものは短時間で終わるとしても、その後の結合まで時間がかかりますし、結合の最中に異変がないとも限りませんので、定期的に足を運んでチェックしてもらわなければなりません。

治療期間中の生活とは

インプラントの手術が終了し、歯肉とインプラントの結合を待つ時間はどの部分のインプラントかで異なりますが、その期間中、気を付けなければならないこともあります。

例えば激しい衝撃です。

口元、あるいは顔面付近への強い衝撃は、インプラント治療にダメージを与える可能性があります。

時間が経過し、しっかりと結合した状態であれば日常生活の中で気を使うケースも減りますが、まだまだ上手く結合されていない段階では、衝撃によって結合しかかっていたインプラントに影響が出たり、あるいはあまりにも強い衝撃の場合、インプラントの土台そのものが傷ついてしまう可能性もあります。

食生活に於いても固い物は控えるなどして、歯、口回りにできる限り負担を与えないよう配慮しなければなりません。

1日で終わるインプラント?

近年ではインプラントの技術も高まっていますので、オールオン4のように1日で噛めるようになるインプラント治療もあります。

従来のインプラントと比べ、4カ所のみで歯を指させるオールオン4は患者の治療の負担、医師側の手間が軽減されていますので、1日で治療が終わります。

但し、従来通りメンテナンスは必要になりますが、それでも1日でほぼ噛めるようになる点は大きなメリットなのではないでしょうか。

オールオン4って?

オールオン4の特徴として、先にも少しふれたように、4本で上顎や下顎それぞれの歯を支えます。

従来のインプラント治療は、1本の人工歯を1つの土台で支えていました。 そのため、治療に時間もかかりましたし、骨の形等も治療に影響を与えてました。

その点オールオン4の場合、土台は4カ所のみなので、総入れ歯の人でも1本ずつインプラントを埋め込みする必要がなく、骨が足りないからと従来のインプラント治療を受けることができなかった人でも治療が可能です。

更に手術をしたその日から食べたい物を食べることができるなど多くのメリットがあります。

但し、あくまでも無歯顎のための総入れ歯以外の選択肢になりますので、「この歯を一本だけインプラントで…」といった細かいニーズには応えることができません。 その点ではオールオン4はメリットの多い一方で、患者が限られている治療という側面もあります。